モノローグ

2021年03月19日

やらかしちまった

necktie
あ〜♪ネクタイをカードカッターに挟んじゃった…


wadahironet at 13:09|PermalinkComments(2)

2021年03月16日

短眠について

実はもう30年間ぐらいショートスリーパー(短眠型の人)に憧れて何度も挑戦してきてが、ようやく様になってきたので覚書を。
元々の体質は何時間でも寝れるタイプで、漫然と暮らしていたらほぼ7時間ぐらいかな。これは20代も50代になった今も変わらない。なので、当初はアイドルやタレント、あるいは天才と呼ばれる人たちが、一時的ではなくずっと3時間しか寝ていないというのは、正直信じられなかった。
でもこのコロナ禍でいろいろDIYするようになって、寝るのが1時ぐらいでも春夏なら4時、秋冬でも5時ぐらいには目覚まし無しで目が覚めるようになった。何もすることがなかったら何時間でも寝れるので、まだ歳のせいではないと思う。
これが可能になる方法を3位から言うと、まずはお酒。現在はお酒を全く飲んでおらず、まぁ目覚めのいいこと。えづかないし。でも、お酒の楽しさも十二分に知っているので禁酒を勧める気はない。人生の楽しみのウェイトをどちらに置くかの問題。実際、お酒やめてまでしたいことって何?と思ってたし、また思うかもしれないし。
2位は食事の量。1日1食にも憧れたことあったが、そこまでしなくてもややダイエット的なメニューにすれば、睡眠時間は少なめですむ(ただし短眠の場合は低糖質より低脂肪)。食事の回数×3時間みたいな感じで言われることもある。どうしても食べたいなら、めちゃめちゃよく噛むのがいい。
で、1位は何といっても「ワクワク・ドキドキ」すること。小学校の遠足の前、大人でも釣りやゴルフの前日寝れないとか、朝めっちゃ早起きできるとか誰でも経験があると思うが、それがず〜っと続くと毎日でも目が覚めるようになるのだ。もう人生が楽しくてしょうがない人たち、サンマさんなんてこのタイプだね。まぁそうじゃない日もあるけど、コントロールしてアドレナリンが出せるようになる感じだと思う。
逆に明日を迎えるのが怖いぐらい辛いことばかりだと、ギリギリまで寝てたいし目覚めは最悪。まぁそれが普通でしょ。自分もそういう時期が何年も続いたし、またそういうことは必ずある。だからいかに困難を克服して人生を楽しいものにするか、日々ワクワク・ドキドキできるようにするか、が短眠の秘訣というか結論。
8時間寝る人と比べて3時間しか寝ない人は30%も多くの時間を過ごしているので、挑戦する価値はあると思う。



wadahironet at 07:09|PermalinkComments(2)

2020年05月13日

ITポルノ

先日、ミューハラという概念を提唱?させていただいたが、今日は「ITポルノ」。キャリアポルノ、お受験ポルノと同様の使い方である。

インターネットが普及しだした25年ぐらい前から、その万能性が謳われ、どんな輝かしい未来が待ってるかと思わされた。思いつくだけでISDN、ADSL、光ファイバー、iモード、iPhone3G、4G、クラウド、ビッグデータ、ICT、IoT、そして5G。その度に"先進"の夢が語られてきたが、じゃぁ25年前に比べて本当に豊かになったのかなぁと。便利になればハードルは上がる。我々の就活時期にでWord、Excel使いこなしてるやつなんて極僅か(そもそも一太郎とロータス1.2.3)だったが、今はそれ以上要求されるでしょ。あと、AIで当然雇用は減る。冗談抜きでターミネーターやマトリックスの世界に近づいている気さえする。

で、私が考えるITポルノとは、情報に溺れているだけにも関わらず、最新の技術を必要としていない人を情弱呼ばわりし、自己陶酔させるもの、本来は"情報処理能力"が必要なのにググれるだけで知識をも得たと勘違いさせるもの、といったところである。

今は5Gが旬なネタだが、そもそもインターネットができて、人々がどれだけ幸福になったかを考えれば、5Gぐらいでそんなに夢いっぱいにはなれないわ。私が言いたいのは、キャリアもお受験もそうだけど、手段が目的化していないか、ということ。ITはあくまで手段。逆にスマホがなくても人生を謳歌している人こそ、現代の仙人ではないか。
ここ20年ぐらい、地方のビジネス講座的なモノはほぼ全てITで、ビジネスモデルとか宣っていながら「楽天に出店して上位に表示される方法論」とかバカじゃないかと。どんなモノを作ったりどんなサービスをしたら、世間良しになるかの議論で必要十分だと思う。

で、私は今日も地味で地道な作業をコツコツと。ただし手に職が付いて、次につながる作業を。

wadahironet at 18:02|PermalinkComments(2)

2020年04月28日

マスクと転売ヤー

mask輸入の仕事を23年しているので、マスクのセールスメールは多い。2週間ぐらい前までは1枚$0.3(32円)ぐらいだったが、現在は$0.2(22円)ぐらい、今後はもっと値下がりすると思う。個人輸入でも1枚30円以下で買えるようになってきた(右はWISH)。大体、倍掛けで国内で売られているのがよくわかるが、送料等を考えると店頭で1枚60円は世界的に考えてもボッタクリでないことは申し上げておきたい。

信頼のおける取引先からオファーがあって輸入を考えたこともあったが、例え利益ゼロでもやっぱりボッタクリのような値段なので断った。この先も全く日本に入ってこないという状況なら多少社会貢献できるとは思うが、そうでもなさそうなので、極端な不足や価格差が生じた場合にのみ、地元への寄付用に仕入れることにする。

toucanfさてマスクで転売ヤーが問題になったが、実は転売ヤーでひどい目にあったことがある。長年の準備でようやく発売にこぎつけたディスコシャツ、万を辞してeBayに出品したら、ある転売ヤーに買い占められてしまい、その後、3倍の値段で出品されてしまったのだ。売れたならいいじゃないか、と思われるかもしれないが、苦情のメールはこっちにくるし、海外のフォーラム等でも「グルだ」と書かれて相当なイメージダウン。しかも30日の返品期間(eBayのルール)ギリギリで残りを全て一方的に返品してきやがった(届いたのはさらに半月後)。売れ残りはXSとか2XL, 3XLが中心で、しかももうケチが付いてしまってるので、再出品してもしばらく売れなかった。
これねぇ、返金しなけりゃよかったんだけど、eBayはネガティブフィードバック(マイナス評価)は買い手だけが付けれるシステムになってて、他にも売り手の泣き寝入りになることが多い。以後、もちろんその転売ヤーはブロックして、同時に購入できる数を制限した。すんごい苦労して思い入れのあるシャツだっただけに、高い授業料を払わされた、というだけでは済まない。何の苦労もせずにこちらの5倍以上の利益を上げて、泥塗られたんだからね。

だからマスクの転売屋の報道があると虫唾が走るし、もう十分持ってるだろうに朝からドラッグストア前でマスク買うのを毎日並んでるジジィとか見るとね、もう何だか‥‥。

ネットビジネスを始めて23年、と言ってもプラットフォーマーのように大儲けの仕組みを作ったわけではなく地道に職人をしてきただけだが、ネットでの起業についての講演や講義は何度となく行ってきた。そのヒントをこのブログでも散りばめているつもりだが、転売やせどりは絶対に続かない。姑息の本来の意味は、一時の間に合わせにすること、その場しのぎのことだが、その意味の通り姑息な手法は続かない。ネットの登場以来、右から左的な安易な商売は誰でもできるようになったので、参入障壁のないビジネスは結局安売り競争になり継続しないのである(莫大な広告費で露出して販売するモデルも早晩廃れるだろうが、これについてはまたの機会に)。私がニッチと思われようが他にはない、他人にはできないモノ作りを目指しているのはそのためである。決して成功者ではない私が偉そうに述べて恐縮だが、このコロナ後の社会で起業や転職を考える方も増えると思うので、是非そのあたりを念頭に置いておいていただけば幸いである。要するに、楽して儲け続ける仕組みなんてないってこと。

仙人「大金持ちになることは、元より愛想がつきた筈だ。ではお前はこれから後、何になったら好いと思うな。」
杜子春「何になっても、人間らしい、正直な暮しをするつもりです。」

wadahironet at 14:51|PermalinkComments(0)

2020年04月11日

タバコについて今思うこと

実は昨日の撮影で、マネキンにタイラー・ダーデン風にタバコを持たそうとした(いつもそうしてきた)が、やっぱりやめた。今後しないというわけではないが、それはさて置き、今日の独り言の大前提として、
〇笋篭惘譴靴3年4か月が経過、流石にもうタバコを吸いたいとは思わないし、撮影用のタバコに火を着けるだけでえずく。
ZIPPO SHOPは6年前に閉店した。
タバコが一定の健康被害をもたらすことは、自身の経験と疫学的見地から否定するものではない。
以上を踏まえて話を進めるが、どちらかの結論ありきで、それに導こうという一般的なタバコ記事ではなく事実の提示と疑問点のノートである。
まずタバコと肺がんの関連について、喫煙者および業界は「喫煙率は低下しているのに肺がん死亡者数は逆に増えている」というグラフ示し、禁煙推進側は「肺がん年齢調整死亡率が30年後に下がりだしている」としてこれに反論している。
前者は「車の排ガス等を含む大気汚染の方が原因ではないか」ということを暗示しているが、実は死亡者数増が事実である以上、禁煙推進側はそれを否定できない(直接の医学的な因果関係も証明できていない)。しかも「肺がん年齢調整死亡率」なるものが、結論ありきの調整であり、他のがんの年齢調整死亡率との比較を考慮すれば、説得力に欠けると言わざるを得ない。
そもそも、お互いの前提(因果関係)を医学的に証明できない以上、これは水掛け論である。
graph
で、調べても出てこなかったので自分で新たなグラフを作ってみた。こういうグラフって大抵は縦軸の下の数字を切って大げさに見せるので、全てゼロスタートにしている。
まずタバコと寿命の相関性は、禁煙推進派が主張するほど高いとは思えない。女性の平均寿命の長さをよく喫煙率の差で語られているが、それは全く関係ないことがグラフからわかる。
次に禁煙推進派は、タバコ税の減少に対する反論として喫煙による医療費の増大を掲げるが、グラフで見る限り他の要因での医療費の増大が大きすぎて不明である。この点についてはさらに
・禁煙による肥満等で、さらに別の病気になる可能性を排除していないか。
・そもそも禁煙推進派が言うように早死にするなら年金の支払減は考慮しているのか。
という疑問が沸く。ちなみにタバコをやめた今でも「嫌煙家」は「嫌」いで人間的に「煙」たい。彼らは時に喫煙者をボロカスに言うが、心の傷と副流煙の害を天秤にかけたくなることもある。製薬会社の政治献金を見ていると裏を勘繰るし、そもそも最初の嫌煙運動の火付け役はWHOの元事務局長であった。
しかしである。私はタバコは吸わないし、もう匂いも苦手になってしまったので、できるだけ吸ってる人を避ける。喫煙者の車で釣りに行って一晩中頭痛が治らなかったことすらある。
で、私が今思うのは、「棲み分け」こそが大事だということである。嫌煙家の理論が正しければ、彼らの大嫌いな喫煙者は年金もあまりもらわずに早死にするよ、コロナでも死亡率高いんだもんね。だから吸う人の近くに行かないでほっといてあげて、と言いたい。ちなみに改正健康増進法で、近所の居酒屋系は全て子連れで行けなくなった(喫煙可を選択されたため)。焼き鳥の大吉にも行けない。それでもなお、タバコには文化があり、古き良き時代の香りがする。近年の行き過ぎた少子高齢化を考えると、長生きが必ずしも美徳だとも思えない。
FullSizeRender


wadahironet at 15:02|Permalink