街づくり

2020年05月05日

今日はNO DIY

koi
こどもの日は毎年地域の活動をしているので、今日は巣ごもり作業無し。例年は子供たちと曳山巡行して、地域センターでイベントをするのだが、今年は鯉のぼりの川渡しのみ。
72b8c878
昔はワイヤーで川を横断していたが(上は当時のグーグルマップ)、支柱があった土地が売れてしまって設置できなくなり、現在は写真左上の橋の欄干に設置している。

同じ場所で7月に花火大会も開催しているが、108回目の今年は戦争以外で初の中止となりそうである。

実は本当に問題なのは来年以降。古い花火大会ほど現在の基準ではギリギリの部分があり、もし許認可関係が「例年通り」でなくなって厳格化にされたら、開催不可もあり得るのだ。さらに我々の場合でも5月から寄付集めに1件1件歩くのだが、やっぱり飲食店とか多くてね。考えただけで厳しい。

と嘆いていても仕方ないので、来年は変革の年と位置付け、多くの地域行事を再編してリブートすることになりそうで、その先陣を切ってやっていく所存である。明日は楽しく巣ごもり作業(^^)


wadahironet at 19:27|PermalinkComments(0)

2018年07月16日

花火大会

dj
もう15年ぐらい地元の花火大会の運営スタッフをしており、ここ5年ぐらいは注意やお願いをする放送係だったのだが、今年からフルMC。大会委員長の挨拶以外は4時間ぐらい、ぶっ続けでマイクを握ることになった。
本当は音響さんと同じブースでラジオDJ風にしたいのだが、私の力量を含め、徐々にアップデートすることに。
今年は数年ぶりの立入禁止区域侵入2件に加え初のドローン侵入で、3度演目が中断するというハプニングがあった。が、花火が終わってから何人かの若い人たちが「ゴミ拾い」をしてくれるというサプライズというか、感激があった。ワールドカップ効果そのものだが、こういう文化が少しでも根付けばなぁ、と心から願う次第である。
1/1 by MAX CADY

wadahironet at 17:11|PermalinkComments(0)

2018年04月29日

鯉のぼり BEFORE AFTER

koi
毎年GWは地元に鯉のぼりの揚げ降ろし、曳山の準備・巡航をしているので、遠くに出かけたりしていない。私は今年で15年目だが、15年間、準備を含め休んだことがない。
5年前まではロープで「川渡し」していたのだが(上左写真)、一方の端の支柱があった民間の土地が売れてしまったため、やむなく橋の欄干に設置することとなった(上右写真)。

koi2
以前Googleマップに写っていたことがある(左)が、現在はもうない(右はChromeの3D、🌈が欄干)。

これから、街づくりで鯉のぼりを多数揚げようとお考えの方へのアドバイスとしては、やはりサステナビリティ(持続可能性)の担保が重要で、‐貊蝓↓⊃涌、資源の持続的な確保を考えて欲しい。我々の場合、
〇拊譴なくなるというのは想定外であった。ワイヤーロープ等の設備が一気に無駄になった。
年々当初の情熱は薄れ、参加者は減少の一途。後継者育成が最も大切な「街づくり」であり、それをせずに「わしらの若い頃は」が最も醜い。
使わなくなった鯉のぼりを寄付してもらうのも、限界に到達しつつある。
△鉢について努力とアイデアを捻出していきたい。
1/1 by MAX CADY

wadahironet at 13:22|PermalinkComments(0)

2018年04月05日

red
ひこにゃんが登場するよりも前、もう15年ぐらい前から、私、ワダヒロは彦根城築城400年祭等の活動を通じて、「彦根=赤」を売り込んできた。ひこにゃんの甲冑がそうであるが、「井伊の赤備え」をルーツとしている。
もちろん、一連のイベントや祭りは関係者の皆様のお力があってこそだが、当初は批判も多く、彦根城を赤くライトアップした時は「炎上」騒ぎになり、Yahoo!のトップ写真を飾ってしまった。それでもめげずに私は一貫してこの「彦根=赤」を主張し、赤をテーマにした「赤祭り」も3度開催させていただいた。
その心や如何にと言えば、一過性のイベントではなく、はたまた文化発信気取りでもなく、赤を切り口とした経済活性化である。この点、当初より地元経済界は非協力的で、無能な市長が続き、結局「くまもん」に「赤」の経済効果を持って行かれている始末である。この辺の邪魔者が去ったら、またアイデア出して街づくり活動を再開しようかなと考えている。
higashiさて、ここからが今日の本題。昨日、母校彦根東高校がセンバツで2回目の応援団賞・最優秀賞を受賞した(毎日新聞記事)。真っ赤な大応援団をテレビでご覧いただいた方もいらっしゃるだろう。彦根城敷地内にある彦根東高校には「赤鬼魂」という井伊家をルーツとする建学の精神があり、それにちなんだ赤応援団なのだが、私の在学中を含め赤装束で応援することは一切なかった(アメフトのジャージが赤だったぐらい)。21世紀枠で出場した2009年から導入されたのだが、当然その当時の「彦根=赤」の盛り上がりがあってのことである。
忘れ去られる前に21世紀の「赤備え」のルーツが自分であることを、ここで主張しておきたい。
1/1 by MAX CADY

wadahironet at 14:54|PermalinkComments(0)

2012年10月22日

タウンミーティング

minnna01昨日、みんなの党のタウンミーティングが彦根で開催された。
江田幹事長の講演がメインだったが、マスコミが伝えない維新との関係や財務省のやり方など、ググっただけでは知りえない内容盛り沢山。
このカメラアングル、実は弁士で臨席していたんだけど、あまりに時間が押したので、〆の挨拶だけした。
この後、ゆっくり江田幹事長と話をしたかったのだが、


minnna02ゆるキャラ祭りのテントの後片付けがあるので直帰。
ずっとこのブログを読んでいただいている方はご存知だと思うが、ゆるキャラ祭りin彦根で使われるテントは、私個人が維持管理しボランティアで貸している。
彦根で知ってるの、3人ぐらいだけどね。
ともあれ、土日晴れてよかった(雨後のテントは悲惨)。88,000人の観客だったそうだ。1/1 by MAX CADY

wadahironet at 10:04|PermalinkComments(0)