釣り・魚

2021年05月06日

ビワマス・ジギング!


市長就任前にできるだけのことをやっているが、今回は楽しい地元アピール!まだ確立途中の新しい釣り、ビワマス・ジギングに挑戦。結果はYouTubeをご覧いただくとして、「理由なき反抗」の赤いナイロンジャケット(レプリカ)、これ着て釣りに行くときはヤバい。
FISH01
)豹綟湿性のナイロンが釣りやレジャーに適している。
▲椒△鮹γ紊任るオールシーズンタイプだと、春・夏の夜風・秋にも活躍する。
D名錣離献礇鵐僉爾醗磴辰1950'sのショート丈の「マタドール・ルック」なので、ウェストベルトタイプのライフジャケットが露出している(安全)。

たぶん普段着で「釣るぞ!」とがっついてないのがいいだと思う。クーラーボックスも簡易なモノを持っていくべし。そういう肩の力が抜けている時の方が、なぜか結果が伴う。



wadahironet at 06:28|Permalink

2019年08月11日

THE RIVER

beach01
THE BEACHルックだが、RIVERである。
夏バテにはウナギもいいが高すぎるので、鮎がオススメである。それも自給自足できれば最高である。内臓が苦手な人も多いだろうが、夏バテ解消のためには内臓の苦みも摂った方が断然効果がある。ユンケルとかレッドブルの比ではない。

beach03
ともあれ、腰痛が収まっているので数年ぶりに投網を打った(へっぴり腰)。正直、4投目でもう腰に来た‥‥。

beach02
琵琶湖水系の川の鮎って禁漁が早くてなかなか塩焼きサイズが獲れないんだけど、これを食べたら養殖モノは食べられなくなる。ただしポリシーで、家族分だけで終了。マグロもノドグロも獲りすぎ。豊洲に入ってる大間産マグロも、くら寿司のノドグロも幼魚じゃん!

さて、お陰様でTOP GUNのYouTube動画は2万再生を超えたが、私個人が以前に作った「ルアーで釣り」動画、久しぶりに見たら3万再生を超えていた‥‥。

今回の投網と同じ場所、同じ季節、もちろん、漁業権のない川で禁漁期間でもない。

wadahironet at 16:49|PermalinkComments(0)

2019年03月16日

車載ロッドホルダー

fishing01
弾丸日帰りで釣りに行く場合、釣りの種類やタックルの数にもよるが、夜明け前や船上でガイドに糸を通すなんてことが億劫な場合が多い。だからできればロッドにリールを付けて(糸を通しておいて)釣行に向かいたいのだが、ワンピースロッドが多い場合の車載は困難である。で、ワンボックス時代は天井に付けるタイプ、それ以外はルーフボックス(全長230cm。ちなみにクロムハーツではなくクロムツ・アカムツと書いてある)を使ってロッドを運んでいた。が、前者はスロージギング系のタックル(繊細なロッドと大きいリール)には不向きで、後者は載せ降ろしが面倒くさい。最近は釣りに行ける回数も減ったので、ワンボックスを(ボートも)手放したし、ルーフボックスも載せっぱなしはいい感じではない(高速での空気抵抗はそれなり)。
※継ぎ目のない1本のロッド。以前2ピース化にも挑戦した(37kgのキハダはそれで釣り上げた)が、元よりの強度設計ではないため耐久性にやや難があり、結局1ピースに戻した。

fishing02まぁ、よくこんなくだらないことを真剣に論じているとは思うが、トランクスルーは釣りに行くなら必須である(特にセダン)。ただ、トランクスルーもリール付ロッドとなるとせいぜい3本横に並べれるぐらいで、さらに上に積んでしまうと運転中カチャカチャうるさかったり、出し入れでガイドが傷つきそうになったり、まぁ碌なことはない。で、ここまでが長〜い前フリで本題、このトランクスルーを有効に活用して、自分の釣行にピッタリのストレスレス・ロッドホルダーを装備しようというのが今回のテーマ。

fishing03
材料は船に縦に付けるロッドホルダー(x6)、紙の筒(50Φ, 95cm x 9本)と合皮。あと水平にする台座用の端材を少々。

fishing06
ずらしてピラミッド状に積み合皮でくるんで完成、って安易なようだが実は1cm単位で緻密に計算している。
ロッドホルダーは黒もあるが、トランク内でロッドを挿入するので視認性から白を選んだ。また差込口の形状は自分の釣行用にモディファイした。上から
.好團縫鵐/ベイトリール兼用、183cm(6')まで
▲好團縫鵐粟賤僉-45°、193cm(6'4")まで
スピニング専用、45°、193cm(6'4")まで
ぅ戰ぅ肇蝓璽(右ハンドル)専用、-45°、203cm(6' 8")まで
2ピースロッドのティップ側用
Ε戰ぅ肇蝓璽(右ハンドル)専用、45°、203cm(6' 8")まで
もちろんライトタックルなら全て使用可能である。またロッドの長さは、リールシートの位置の違いを3cmまで見込んでいる。

fishing07
車内はスッキリしてロッドが揺れて気になることもない。9本の正方形でなく6本の正三角形にした理由は、9本だと車内でのお荷物感がかなり増すからだ。逆に6本ピラミッドだと意外なぐらい鬱陶しくない。
マグロのキャスティングタックル2本、203cmのワンピースを含むスロージギングのタックルが3本、揺れたりガタつくことなく収納できる。

fishing08
最近作ったガレージ兼作業場の片隅を釣りスペースにしたが、洗面台を中央に持ってきたのはワンピースのロッドを洗うため。サッと積んで釣りに行って、帰ってきてからも快適に後片付けできる、この写真の光景こそ自分が抱いていた理想形。99%弾丸日帰り、行く前も帰ってからも時間がない(しかもフラフラな)ことが多いので‥‥。
次にいつ釣りに行けるかもわからず、ちょっと薀蓄たれてDIYしてストレスを発散させていただいたの巻。
1/1 by MAX CADY

wadahironet at 17:43|PermalinkComments(0)

2019年02月09日

ノドグロ

2075
我らが琵琶湖のビワマスや小鮎、天然ウナギは美味しいが、やっぱり最後の晩餐はノドグロ(アカムツ)と八海山がいい。2015年に、この中深海ジギング(主に200m-300m)にはまってから、「変態」と呼ばれる500m超のジギング(もちろん手巻きリール)にも手を染めたが、実に1年以上釣りに行っていなかった(腰椎椎間板ヘルニアが主な原因)。しかし一昨日、三重・志摩のへいみつ丸さんで超久しぶりに中深海ジギングに出船した。
※地図は実際に釣った場所だが、大陸棚(200m)から落ち込む場所がポイントとなっているのがよくわかる。

2073
これがメインターゲットのノドグロ(アカムツ)。
中深海ジギングを簡単に説明すると、PEという細くて強い糸の開発が進んでジグ(ルアー)が水深300mの底でも動かせるようになったので、7-8年前?ぐらいから流行りだした釣りである。従来だと電動リールに重いオモリを付けての餌釣りしかできなかったのだが、細いPEだと潮流の影響をあまり受けないので、近海ジギングのように手巻きのリールでジグを操って釣ることが可能になったのだ
※イカ釣りも以前は電動リールにオモリとスッテという釣りが主流だったが、現在はイカメタルと呼ばれるルアー釣りに替わってきている。

2076
ゲーム性が高く、ノドグロやクロムツ、キンメなどの超高級魚が釣れるので言うことなしの釣り(大漁はないので乱獲の心配もなし)だが、水深 x 1gぐらいのジグ(300mなら300g)を、水圧のかかった海底付近で動かすのでそれなりに体力は必要である。近海ではないので波風もそれなり。
※餌釣りと違って1度に1匹、10分ぐらいかけて手で巻く釣りなので、つ抜け(10匹以上)は至難の業。

2074
ましてや外道が掛かると大変。今回も推定30kgオーバーのアカエイを300m底から揚げた(もちろん揚げるまでは不明)。重すぎて1回のポンピングでせいぜい50cmしか巻けず、単純計算でそれを600回という感じ‥‥。それも優に1岼幣紊△襪里把譴覆30気圧かかってる。ともあれ無事タモ入れまでしてからリリース、これで釣った魚は124種目

5630e76d
同じへいみつ丸さんでの中深海ジギングで、15ヶ月前に37kgのキハダマグロを揚げさせていただいている。20LB(9kg)で切れるという設計強度の細い糸で如何に大物を揚げるかというテーマは、個人的には釣りで一番の醍醐味である。

2072
この日はお陰様で2匹のノドグロと、1匹のクロムツ、サバ多数を釣らせていただいた。個人的にノドグロはやっぱり塩焼き。刺身や炙りは上品だが、より脂を堪能したいので。逆にクロムツは刺身が甘くて美味しい。サバも釣ってすぐサバ折りして血抜き・氷漬けした当日なので刺身で堪能できる。

ちなみに大手回転寿司チェーンで出てくるノドグロは、底引き網で根こそぎ獲った稚魚がほとんどで、脂なんて全く乗ってないし乱獲以外の何物でもない。実際私がよく行っていた遠州灘沖なんか全く釣れなくなってしまった時期がある。早晩、資源が枯渇する可能性大。なので私はその幟が立ってたら、その店には入らない。

2071
追記 これが一番大事なのだが、帰りにこの冬のお伊勢参りをし、感謝をさせていただいた(各季節1回を心掛けている)。木曜の4時ということで、この静寂により力を感じる。外宮すぐ前の駐車場も空いてて、20分程度のお参りで無料だった。以上、オススメの伊勢志摩の日帰りコース。
1/1 by MAX CADY

wadahironet at 18:28|PermalinkComments(0)

2018年04月25日

これまでに釣った魚

私の釣り記事は人気ないのだが、GW前特別企画
これまでに釣った魚は120種類を超えた(釣堀、管理釣り場、網等での捕獲は含まない)。
ブログを書いていなかった4年間に釣った、高級魚&外道10選とともにリストアップさせていただく。

主な釣り場と方法
敦=敦賀周辺、琵=琵琶湖水系、小=小浜、宮=宮津、遠=遠州灘、志=志摩、富=富山、山=山梨、串=串本、伊=伊勢湾、輪=輪島
岸=おかっぱり、川=川、沖=ボート・船
サ=サビキ・胴付、虫=ゴカイ等、練=練り餌、完=完全フカセ、ジ=ジグ、木=エギ、ル=ルアー、フ=フライ

  1. アイゴ      敦岸サ08
  2. アイナメ     敦岸虫
  3. アオハタ     敦沖ジ
  4. アオリイカ    敦沖木
  5. アカトラギス   敦沖サ
  6. アカムツ     志沖ジ
  7. アカメバル    敦沖ジ
  8. アコウダイ    遠沖ジ
  9. アマゴ      琵川虫
  10. 00 - コピー甘鯛       小沖ジ
  11. アヤメカサゴ  遠沖ジ
  12. 鮎        琵川サ
  13. アラ       富沖ジ
  14. イイダコ    敦岸虫
  15. イサキ     小沖完
  16. イシガレイ   敦沖虫
  17. 石鯛       敦岸サ
  18. イトヒキハゼ  敦沖虫
  19. イワナ      山川フ
  20. ウグイ      琵沖ル
  21. ウスメバル   富沖ジ
  22. ウッカリカサゴ 敦沖ジ
  23. 02         琵岸虫
  24. ウマヅラハギ  敦沖サ
  25. エソ        敦沖ジ
  26. オイカワ     琵川サ
  27. オオクチバス  琵岸ル
  28. オニカサゴ   志沖ジ
  29. オハグロベラ  敦岸虫
  30. カガミダイ    富沖ジ01
  31. カサゴ       敦沖ジ
  32. カタクチイワシ  敦岸サ
  33.          遠沖ル
  34. カナガシラ    敦沖ジ
  35. カワハギ     敦沖サ
  36. カンパチ     伊沖ジ
  37. ギギ        琵岸練
  38. キジハタ     敦沖ジ
  39. キハダマグロ  志沖ジ
  40. キュウセン   敦岸虫
  41. ギンブナ    琵岸練
  42. キンメダイ   志沖ジ
  43. クサフグ    敦岸虫
  44. グレ       敦沖完
  45. クロシビカマス  串沖ジ
  46. クロソイ     敦沖ジ
  47. 黒鯛       敦岸虫
  48. クロマグロ(幼魚)  富沖ジ
  49. クロムツ     串沖ジ09
  50. クロメバル    敦沖ジ
  51. ゲンゴウロブナ  琵岸練
  52. ケンサキイカ  小沖木
  53.          琵岸練
  54. コウイカ     敦沖木
  55. ゴマサバ    小沖ジ
  56. コモンフグ   敦沖ジ05
  57. ゴンズイ    小岸虫
  58. サクラダイ   敦沖サ
  59. サクラマス   敦沖ジ
  60. ササノハベラ  敦岸虫
  61. サヨリ      敦岸サ
  62. サワラ      敦沖ジ
  63. シイラ      敦沖ジ
  64. シマイサキ   敦岸サ
  65. シマガツオ   遠沖ジ
  66. ショウサイフグ  敦沖ジ
  67. シロギス     敦岸虫
  68. シロサバフグ  敦沖木
  69. シロムツ     志沖ジ06
  70. シロメバル   敦岸サ
  71. スズキ      敦沖ジ
  72. スズメダイ    小沖サ
  73. スルメイカ    敦沖木
  74. ソウハチガレイ  宮沖ジ
  75. タチウオ      富沖ジ
  76. ダツ        敦沖ジ
  77. タヌキメバル   宮沖ジ
  78. タラ        宮沖ジ
  79. チダイ      敦沖サ
  80. トウジン     遠沖ジ
  81. ドチザメ     敦岸虫
  82. トラギス     敦沖サ
  83. トラフグ     敦沖ジ
  84. ドンコ      志沖ジ
  85. ナガユメタチモドキ  遠沖ジ
  86. ナマズ      琵岸虫
  87. ニギス      遠沖ジ
  88. ニゴイ      琵岸練
  89. ニゴロブナ   琵岸練
  90. ネズミゴチ   敦岸虫
  91. ハオコゼ    敦沖虫
  92. ハス       琵沖ル04
  93. ハチビキ    遠沖ジ
  94. バラムツ    志沖ジ
  95. ヒイラギ    小岸虫
  96. ヒメ       小沖サ
  97. ヒメジ      小沖サ
  98. ヒラマサ    敦沖ジ
  99. ヒラメ      敦沖ジ
  100. ビワマス    琵沖ル
  101. ブリ       敦沖ジ
  102. ブルーギル  琵岸ル
  103. ホウボウ    敦沖ジ
  104. ホンモロコ   琵岸虫
  105. マアジ     敦沖完
  106. マコガレイ   敦沖虫
  107. マゴチ     敦沖虫
  108. マサバ     志沖ジ
  109. 真鯛      敦沖完
  110. マダコ     敦岸虫
  111. マトウダイ  敦沖サ
  112. マハゼ    敦岸虫
  113. マハタ     輪沖ジ
  114. ミズダコ    志沖ジ03
  115. メダイ     志沖ジ
  116. モツゴ     琵岸虫
  117. ヤマメ     山川フ
  118. ヤリイカ    敦沖木
  119. ユメカサゴ  志沖ジ
  120. ヨコスジフエダイ  敦岸虫
  121. ライギョ    琵岸ル
  122. レンコダイ  敦沖ジ
  123. ワカサギ   琵岸虫
maybe1/1 by MAX CADY

wadahironet at 18:54|PermalinkComments(0)