2020年の総括と2021年への展望#1 【秘密基地計画】2020年の総括と2021年への展望#3 【YouTube】

2020年12月29日

2020年の総括と2021年への展望#2 【蝋人形の館】

2021年に新発売を目指すアイテムについては後日まとめたいと思うが、今日は胸像について。

2020年はリメークばかりで新しい胸像に挑戦できなかったが、2021年はリメークしつつも新作に挑んでいきたいと思う。

今年一番ワードローブ(映画衣装)ともども時間をかけて挑戦したのはターミネーター1作目。今までターミネーターと言えばT2の革ジャンの印象が強かったが、新たにT1前半のM65や後半の革ジャンをシャツ共々完全復刻し、公開36年目で新境地を開拓したつもりである。

胸像は目が点滅して動き、周囲を見渡し、手動で口も動かせるスカルを作って、ウレタンゴム系のレジンでスキンを作って被せた。このスキンは表情を変えたりすることが可能になるので、今後の胸像製作で活かしていきたいと思う。このYouTubeの冒頭に凝縮してあるので、見たことない方は是非ご覧いただきたい。さて【秘密基地】と呼んだり【蝋人形の館】と呼んでみたりまだ未確定要素の多い新スタジオだが、2021年は現在の胸像(胸から上)だけが並んでる状態から、少しずつセットした1分の1マネキンをディスプレイしていく予定である。ご案内の様にこういうイメージで。
b1e51de2
実は胸像を作って時間が経つと「ここを修正しなきゃ」とかすごいあるのだが、そこを追求し出すとキリがなくて本末転倒になる(マネキンはあくまでマネキン、アイテムが一番)ので、微調整を重ねながら展示して行く所存である。

例えばトム・クルーズの胸像、ミッション・インポッシブル仕様にしたりして、何度かリメークしてたらいつの間にか目の輝きが無くなり、撮影しても何か目が小さくて違う感じに写ってしまっている。
iron3
これは目のクリア層の問題ではなくて、目の上が修正するうちに余計前に盛られてしまって、虹彩の部分が影になって光らなくなってしまっていたのだ。これ、数mmでそうなってしまう。
iron1で、中から紙粘土を削って奥目を少し前に出したいのだが、工具が全く入らず爪でしか削れない‥‥。剥がれそうになってきたので、専用のアイアンクローを作った。これで目の裏を削って1mmぐらいは前に出すことができた。

そのアフターがこれだが、
iron2
ちゃんと黒目の上が光って、目が生きるようになった。これが微調整の一例である。

iron5
ちなみに新春にはいよいよトップガンのフライトスーツのレプリカの販売を開始する。ミリタリーウェアにありがちなラフな縫製ではなく、いい仕事のモンである。
iron4
素材はアラミド繊維ではなく100%コットンを採用した。アラミド繊維は耐火性に優れており軍用には最高の素材であるが、やはり吸湿性等、日常の使用にはコットンの方が快適で、耐久性においてもアラミド繊維は洗濯を繰り返すとどうしても"ダマ"ができて見栄がよくないという難点がある。アラミド繊維のオリジナル、特に新品は高価でサイズも選べなくなったので、サイズが選べて実用的なコットンのレプリカを作った次第である。見た目は区別できないぐらい同じで、普段着としてヘビーローテーションしていただけるつなぎである。
M65同様、身幅(36〜44)だけでなく丈(S, M, L)も日本人サイズを中心に正確にミルスペックで復刻したので、自分に合ったサイズを新品でお選びいただける。1月1日発売(5日出荷開始)予定なので乞うご期待。
さぁコロナをぶっ飛ばして行こう!

wadahironet at 15:47 Comments(3) ワードローブ | 映画

この記事へのコメント

2. Posted by nao-760   2020年12月29日 22:51
フライトスーツ
46サイズ無いんですか?
3. Posted by ワダヒロ   2020年12月30日 10:09
初回ロットは44までですが、次回以降ご要望があれば対応します。
4. Posted by nao-760   2020年12月31日 00:02
5 ぜひとも、46サイズの展開お願いいたします

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2020年の総括と2021年への展望#1 【秘密基地計画】2020年の総括と2021年への展望#3 【YouTube】