ミッドナイト・ランウルヴァリンの爪

2018年03月08日

インディのバッグ

baglインディ・ジョーンズが使用しているのは、第二次大戦イギリス軍マーク7(ガスマスク用)バッグである。MAX CADYで扱っているのはレプリカではなく、1941-42年に製造された本物である。オリジナルにはキャンバス地のストラップがついているが、インディ用は革ベルトに交換されている。

bag4このブログを書いている時点で75年以上も前の超ビンテージ物なので、未使用のデッドストックでも経年劣化は免れない。ただ、映画でもダメージ加工を施して使用している(右は4作目「クリスタルスカルの王国」のメイキングシーン)ので、ジーンズ同様にお考えいただければと思う。

bag1映画での活躍シーンをおさらいしておこう。1作目「レイダース」では、チャチャポヤの黄金像とすり替えるために、同じ重さの砂袋をこのバッグに入れて持ってきている。砂袋の大きさから考えて、内部のセパレータは外されていると考えて間違いない(販売ページ参照)。100均のリッパー(縫い目糸切り)があれば問題なく外せるので、DIYされたし。

bag32作目の「魔宮の伝説」では、サンカラ・ストーンを三つ、一気にバッグに放り込んでいるので、しつこいようだが、間違いなく内部のセパレータは外されている。革ベルトの色については、以前のブログをご参照いただきたいが、

bag23作目の「最後の聖戦」では、その革ベルトが大活躍。戦車から落とされそうになっても、ベルト一本でぶら下がっている。当方で付けているベルトも、これぐらいの強度はあるとは思うが‥‥、試さないでね。


https://www.maxcady.com/selections/bag.htm
1/1 by MAX CADY

wadahironet at 16:56 Comments(0) モノ | 映画

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ミッドナイト・ランウルヴァリンの爪