2021年03月28日

楽しい選挙事務所(予定)#2 ハリーポッター風

studio01
スタジオ/ショールームにする予定の倉庫の2階は今年1年かけて掃除するつもりだったが、急遽出馬を決めたので間に合わない。とりあえず目隠ししないと丸見えなので、突貫でパネルを作ることにした。もちろん費用対効果、少ない予算で最大限の見栄え。

studio03
で選んだのはアンティーク本の本棚が印刷された壁紙。2x1.5mで1枚約1,300円、これを6枚使用した。木枠は余りモノを使用して、買い足した側面用の黒プリント合板が約2,500円。

studio05
これでハリーポッターやインディ・ジョーンズに出てくる図書館風に仕上げた。LEDのエジソン電球を吊り下げたら、より雰囲気はよくなった。

studio04
当然よく見たらハリポタならぬハリボテなんだけど、言われなかったらわからないレベル。実は2種類しか使っていないのだが、途中カットで上下を入れ替えたりして、同じ柄の繰り返しにならないようにした。
まぁ選挙は全く関係ないが、これが和田ひろゆき事務所なんで。

studio02
他にも工具類の棚の目隠しに宇宙船風壁紙を使用。コロナ禍でテレワークが増えたが、背景に困っておられる方も多いと思う。今後オリジナルのテレワーク用壁紙もプロデュースしていきたいと思う。もちろん、選挙後のスタジオには超巨大絵本のように何種類ものシチュエーションで撮影できる背景を作るつもりなので乞うご期待。


16:33 記事URL DIY 

2021年03月26日

楽しい選挙事務所(予定)#1 【24風】

240
ご案内のように彦根市長選に立候補予定だが、コロナ禍の選挙になるので、通常のように事務所に大人数が詰めたり、個人演説会を頻繁に開催したりはできない。とは言え密を避けて最低限の事務はしなければならないので、スタジオ/ショールームを臨時で使うことにした。
※選挙ワンポイト‥告示日まではあくまで「立候補予定者」で「立候補した」とは言ってはいけない。ちなみに告示日までの活動は政治活動・後援会活動であり、投票依頼等の選挙活動は公職選挙法違反となる。

ビジネスマンである私は選挙のためだけにお金を使うのは馬鹿らしいと考えているので、その後のスタジオのためになる投資しかしない。椅子やソファは全て廃棄予定のモノを引き取って使用(ジモティ的な)。ちなみに寄付は一切受け取らない。で、今日はその後に兼用するアイテムから一つ。

241
このデジタル時計。暗闇で浮かび上がると「そのまんま」だが、24(Twenty Four) 風のサンプルを設置した。約70cm幅なので届くまでは大きいかなと思ったが、設置するとちょうどいいぐらい。LEDなので消費電力は少ないしストップウォッチやカウントダウンその他の機能をリモコンで操作できる。事件はリアルタイムで進行中な緊張感がいいでしょ。
まぁ中国製あるあるで届いたときに既に壊れてて自分で修理したのだが、今後、耐久性や他の追加機能を検討しつつ、日本で販売できる品質管理ができそうなら販売予定。音を足すとこんな感じ(実際にはまだ鳴らない)。





08:15 記事URL モノ | 映画

2021年03月24日

彦根市長選挙に立候補します。

photo私ワダヒロは1ヶ月後の4月25日投開票の彦根市長選挙に出馬を表明いたしました。私が住んでいる彦根市はご存じ彦根城とひこにゃんの観光の街ですが、無駄な大型公共事業を連発して財政危機にあり、さらにこのコロナ禍で観光客は激減、今後数年で財政再建団体も見えてくるほどの惨状にあります。地元彦根を心から愛する私としてはとても看過することはできず、今回出馬を決意するに至った次第です。

彦根市は私が知る限り60年以上まともにビジネス経験のある市長が就いておらず、民間の常識からかけはなれた市政運営が行われてきました。ず〜っと彦根城におんぶにだっこ、近年はひこにゃん頼み、未だに世界遺産登録に一縷の望みを託している顛末です。そこで24年間ビジネスをしてきた私が「民間の常識」を市政に持ち込み、ICTによる行革や経済政策を進めたいと考えております。また過去のブログにも記載のように、財源をほとんど必要とせずに彦根を売り込む方法を「赤祭り」等の街づくり活動を通じて実践してきましたが、他にも多くのアイデアを持っておりますので、「ネーミングライツ」的な会議室で考えたような安易な歳入計画ではなく、現実の厳しいビジネスの世界で培ったマーケティングやプロモーション活動を展開していく所存です。

de39d622
私がしてきた「赤」で彦根を売り込む活動。彦根城のライトアップは当時一般的ではなかったので、Yahoo!トップで「炎上」騒ぎに。

とは言え「政治の世界に立候補する」って、ぶっちゃけ胡散臭いと思われるでしょう。ただ私は二世議員でもなんでもなく、特定の政党に属することもなく、一切しがらみがありません。でないと改革ってできないんです。政党推薦、これすなわち政策合意(しがらみと読む)です。また無所属で当選してもやっぱり迎合してしまう首長や地方議員を何人も見てきました。しかし大阪の吉村知事が「政治家は使い捨て」と言っておられたように、私も政治家は短期でかつ責任を取っていつでも辞職できる人物がなるべきだと思っています。長期政権は腐敗を生みますし、やめて稼ぐ方法がない議員や首長はずっとその職にしがみつくため、全ての判断基準が住民にとって何が一番かではなく「次の選挙に有利か不利か」になるからです。ヒエラルキーの上ばっかり見ていて、住民の方なんて向いちゃいない。

で「地盤」「看板」「カバン」もなくそんな理想論だけで勝てるん?マック赤坂ならぬマックス和田の思い出作りみたいに思われるでしょうが、実は私は16年前と12年前にも彦根市長選挙に出馬しており、いずれも約1,000票差で苦杯をなめております。特に2度目は1枚の為書き(必勝って書いたやつ)もありませんでしたが、与野党に推薦された当時の現職に善戦した経験があります。まぁ勝算はともかくとして、常日頃からMAX CADYのブランドを掲げ紳士服を企画販売している以上、「男気」「生き様」を示すことが重要だと思っています。私どもが提案しているのは薄っぺらいただの衣類ではなく、ストーリー性・モノ語りのある「羽織る覇気」です。

じゃあ肝心の「マックス・ケイディはどうなんねん」という話ですが、ご安心ください。ご予約いただいているものはこれまで通りに進めてまいります。ただ、1か月間は電話がつながりにくくなることと、新商品は少し延期になる点のみご了承ください。仮に彦根市民にご英断いただいた場合は、私は代表からは一旦退きしばらくペースダウンしますが、スタッフが引き続きマックス・ケイディを運営していきますし、私はこれまで通り趣味の延長的にアイテムを提案し続けます(4時間しか寝ませんし)。また長く政治の世界に身を置くつもりはなく、道筋を付けたらすぐに帰ってきます。マックス・ケイディで世界中の人と共感する人生の方が100倍楽しいからです。以上、あくまで仮定の話です。ただ、万一マックス・ケイディ製品が入手困難な状況になったらプレミアつくようなことがあるかもしれませんので、大事に使ってください!

で、このブログでは政治家ではない一般人目線での選挙戦を紹介したいと思いますし、私ならではの選挙も紹介できればと思います。例えばポスター類の写真、ジャック・スパロウ柄のネクタイしてます。街頭では選挙あるあるのジャンパーではなく、ジェームズ・ディーンのナイロンジャケットを着こなしますし、もちろんトップガンG-1等も着ます。中日(なかび)あたりにはタイラー・ダーデンもいっちゃいましょう。とにかくダサい選挙はせず、自分を見て地元の若者が次に挑戦したくなるような選挙戦を展開していきたいと思います。ということで1ヶ月間は皆さん自身が政治家に転職する可能性も考えながら楽しんでいただければ幸いです。なおブログのコメント欄はしばらくお休みしますので、ご了承ください。

令和3年3月24日 和田ひろゆき


07:31 記事URL 政治・政策 

2021年03月19日

やらかしちまった

necktie
あ〜♪ネクタイをカードカッターに挟んじゃった…


13:09 記事URLコメント(2) モノローグ 

2021年03月16日

短眠について

実はもう30年間ぐらいショートスリーパー(短眠型の人)に憧れて何度も挑戦してきてが、ようやく様になってきたので覚書を。
元々の体質は何時間でも寝れるタイプで、漫然と暮らしていたらほぼ7時間ぐらいかな。これは20代も50代になった今も変わらない。なので、当初はアイドルやタレント、あるいは天才と呼ばれる人たちが、一時的ではなくずっと3時間しか寝ていないというのは、正直信じられなかった。
でもこのコロナ禍でいろいろDIYするようになって、寝るのが1時ぐらいでも春夏なら4時、秋冬でも5時ぐらいには目覚まし無しで目が覚めるようになった。何もすることがなかったら何時間でも寝れるので、まだ歳のせいではないと思う。
これが可能になる方法を3位から言うと、まずはお酒。現在はお酒を全く飲んでおらず、まぁ目覚めのいいこと。えづかないし。でも、お酒の楽しさも十二分に知っているので禁酒を勧める気はない。人生の楽しみのウェイトをどちらに置くかの問題。実際、お酒やめてまでしたいことって何?と思ってたし、また思うかもしれないし。
2位は食事の量。1日1食にも憧れたことあったが、そこまでしなくてもややダイエット的なメニューにすれば、睡眠時間は少なめですむ(ただし短眠の場合は低糖質より低脂肪)。食事の回数×3時間みたいな感じで言われることもある。どうしても食べたいなら、めちゃめちゃよく噛むのがいい。
で、1位は何といっても「ワクワク・ドキドキ」すること。小学校の遠足の前、大人でも釣りやゴルフの前日寝れないとか、朝めっちゃ早起きできるとか誰でも経験があると思うが、それがず〜っと続くと毎日でも目が覚めるようになるのだ。もう人生が楽しくてしょうがない人たち、サンマさんなんてこのタイプだね。まぁそうじゃない日もあるけど、コントロールしてアドレナリンが出せるようになる感じだと思う。
逆に明日を迎えるのが怖いぐらい辛いことばかりだと、ギリギリまで寝てたいし目覚めは最悪。まぁそれが普通でしょ。自分もそういう時期が何年も続いたし、またそういうことは必ずある。だからいかに困難を克服して人生を楽しいものにするか、日々ワクワク・ドキドキできるようにするか、が短眠の秘訣というか結論。
8時間寝る人と比べて3時間しか寝ない人は30%も多くの時間を過ごしているので、挑戦する価値はあると思う。



07:09 記事URLコメント(2) モノローグ